親知らず虫歯

医師や専門家が深く詳しく解説します

親知らず虫歯

医師や専門家が深く詳しく解説します

親知らずが虫歯 になったら、歯医者さんへ!放置すると他の病気になるかも

公開日
更新日

 
執筆:南部 洋子(助産師、看護師、タッチケア公認講師)
 
医療監修:株式会社 とらうべ
 
 
大人になると、「歯が痛い」なんていうことはあまり起こらないと考えられがちです。しかし、意外と多いのが親知らずが虫歯になることです。歯磨きをしているはずなのに、どうして 親知らずの虫歯が意外と多いのでしょうか。また、 親知らずが虫歯 になった時の治療法についても詳しくみていきましょう。
 
 

親知らずが虫歯 になる原因

親知らずは奥歯の第三大臼歯のことをいい、上下左右各1本ずつ4本生えてきます。しかし人によって第三大臼歯の生える数は違います。
大臼歯は、左右上下3本ずつあります。第一大臼歯は「6歳臼歯」、第二大臼歯は「12歳臼歯」といい、第三大臼歯である親知らずは「18歳臼歯」とも言われます。
現代人の食べ物は柔らかく、あまり噛まなくてもよいため、昔よりも顎が小さくなり、親知らずが生えるためのスペースが十分にない人が多いのだと考えられています。
具体的に、親知らずが正常に生えている人は3割程度のため、人間の退化現象の1つでもあるといえます。
また、親知らずが上を向いて生えず、横向きだったり斜めだったりするために磨きにくく、歯ブラシがきちんと当たっていないことがしばしばあるようです。
つまり、親知らずは歯ブラシでは磨きにくいところにあるため、虫歯になる確率も高くなっているのです。
 
 

スポンサーリンク



親知らずの虫歯を放置すると

虫歯になると痛みがでますが、弱い痛みで、市販の鎮痛剤を飲んだりしてそのままにしていて、時間が経つと、虫歯菌が神経にまで達し、親知らずの根には膿が溜まるようになります。
そのころには、かなりの激痛で、こらえきれないほどのものです。鎮痛剤を服用し続けていると効果がなくなり、激痛が襲ってくることになるのです。
また、親知らずの虫歯から蓄膿症になることもあります。
歯性上顎洞炎(しせいじょうがくどうえん)というもので、上顎洞という副鼻腔に虫歯の細菌が伝わり、炎症を起こし、上顎洞に膿をためてしまい、蓄膿症※を発症します。
 
※編集部注:蓄膿症と頭痛の関係について説明した「蓄膿症で頭痛 が起こる!? 鼻づまりがあって頭も痛い…」もご一読いただけると幸いです。
 
さらにひどくなると、骨まで炎症が広がって、親知らずの回りの骨が溶けてしまい、骨髄炎を発症させてしまうこともあるので、早めの受診が大事ですね。
 
 

親知らずの虫歯の治療法は?

どのように親知らずの虫歯を治療したらよいのでしょう。
すぐに抜歯したほうがよいのか、それとも虫歯の治療をするのか、基準はあるのでしょうか。
 
 

抜歯せずに治療をする場合

<まっすぐに親知らずが生えている場合>
横向き、あるいは斜めに生えていたりすることもよくありますが、まっすぐに生えているのであれば、十分治療可能です。
 
 
<大きく口が開けられる>
親知らずは奥歯の一番奥にあるので、治療のさい口を大きく開けなくてはなりません。
なので、顎関節症だったり、ある程度の時間でも口を開けることが困難という方は治療が難しいです。
 
 
<相手の歯がある場合>
噛み合わせをするために相手の歯がきちんとある場合は、虫歯の治療をして、噛める歯にすることが必要です。
 
 
<親知らずの手前の歯が虫歯になって、なくなる可能性がある場合>
親知らずの手前にある歯が虫歯になって、神経を取る必要があり、寿命が短い可能性がある場合は、親知らずの方を治療して残しておく必要があります。そして、親知らずを手前の歯があった場所へ誘導します。そして、その後、虫歯となっている親知らずを治療することとなります。
 
 

抜歯をする場合

 
 
<斜めや横をむいている場合>
斜めや横になった親知らずが虫歯になると、隣の歯に移りやすくなります。ですから、抜歯をして隣の歯をシッカリと手入れして、長持ちをさせるべきでしょう。
さらに、隣の歯と親知らずとの間に虫歯ができている場合も、親知らずの方は抜歯し、となりの歯はキチンと治療をしておいた方がよいでしょう。
 
 
<親知らずの虫歯が、神経に達している場合>
親知らずは根がまっすぐでなくて曲がっていることが多く、根を治療するのは簡単ではありません。治療をしても数年後には、結局、抜歯をすることになるケースがよくあるようです。虫歯が神経に達しているほどならば、抜歯を選択したほうがいいでしょう。
 
 
<口を開けていられなくて治療が困難な場合>
親知らずは奥歯のいちばん奥にありますから、大きな口を開けて治療しないとなりません。ですので、顎関節症やその他で、口を大きく開けることはできない状態なら、虫歯の治療はできないので、抜歯を選択することになるでしょう。
 
 

親知らずの抜歯費用

親知らずのが比較的まっすぐに生えている場合または歯根が横向きや斜めの場合、埋まっている場合でもそれぞれ治療費が異なります。
親知らずを抜歯する際にいくらぐらい治療費が必要か詳しく説明している
「親知らずの抜歯費用 はどれくらい必要? 親知らずの状態によって抜歯費用が異なるの?」も併せてお読み頂ければ幸いです。
 
 

親知らずを抜歯すると

親知らずを抜歯した場合、いちばん怖いのは「ドライソケット」ができてしまうことです。
親知らずを抜歯する際の手順や抜歯後の「ドライソケット」について詳しく説明している
「親知らず抜歯の痛み はどれくらい? 肝心なのは抜歯の後!!!」も併せてお読み頂ければ幸いです。
 
 

虫歯以外の親知らずの痛み

親知らずが痛むのは虫歯だけが原因ではありません。その他の親知らずが痛む原因について詳しく説明している
「親知らずが痛い 。。。そういえば、親知らずってなんで痛むんだろう?」も併せてお読み頂ければ幸いです。
nbsp;
nbsp;

まとめ

  • ・親知らずは、第三大臼歯といって、人によって生えている本数が違う
  • ・親知らずの虫歯から、蓄膿症を起こすことがある
  • ・虫歯になったら、抜歯しない方法と抜歯の方法がある
  • ・抜歯しないで治療する場合は、まっすぐに生えている場合である
  • ・かみ合わせをする相手がある歯の場合は、抜歯しないで治療する
  • ・口を大きく開けられなければ、治療はできないので、抜歯となる
  • ・斜めに生えている虫歯の場合は、抜歯する

 
 
<執筆者プロフィール>
南部 洋子(なんぶ ようこ)
助産師、看護師、タッチケア公認講師 株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での経験後、とらうべ社を設立。タッチケアシニアトレーナー
 
 
<監修者プロフィール>
株式会社とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供
 
 

編集部オススメリンク

nbsp;
一般社団法人大分県歯科医師会の歯のQ&Aサイトの中で、歯の症状と治療について説明したページである大分県歯科医師会は、親知らずや虫歯などについて分かりやすくまとまっています。
 
 
親知らずとかみ合わせの関係について歯科医が説明した以下の動画もご覧下さい。

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。